初心者向け

サッカーボールタッチ練習法【イン・イン・ロール】

サッカー・フットサル初心者

ボールを思った通りに扱えるようになりたい…

そんな方にオススメの練習法を紹介します。

記事の内容
  • 初心者でも出来るボールタッチを動画付きで紹介
  • メリット、やり方、コツを解説
サカラビ

サッカー歴15年以上でコーチ経験のある僕が紹介します。

ボールタッチは、足元でボールを扱う技術を身につけることができます。

ボールひとつ・小さいスペースでも出来て、実践にそのまま活かすことができます。

今回のボールタッチ【イン・イン・ロール】

このページで紹介するのは、初心者の方でもチャレンジ出来そうな『イン・イン・ロール』です。

メリット

複数の場所でのタッチに慣れる

インサイド(足の内側)と足裏、複数の場所でタッチする足の運び方に慣れることが出来ます。

リズム感がつく

リズムが付けやすいタッチなので、ボールを持った時のリズム感を養うことが出来ます。

やり方【インサイド×2・足裏】

  1. 左右のインサイド(足の内側)でタッチ
  2. 足裏で転がす
サカラビ

インサイド(足の内側)は「当てる」感覚でタッチ

足裏は指の付け根あたりでタッチしてるよ

《イン・イン・ロール》は、初心者編で他に紹介している《トータップ》と《ロール》を組み合わせたものです。

コツ【1・2・3のリズムで】

始めはゆっくりやると良いと思います。

「イチ・ニ・サン」とリズムを取りながらやるとテンポ良くできます。

レベルアップ

前に進む

その場でのタッチで慣れてきたら、前に進みながらも出来るタッチです。

顔を上げて

多くのボールタッチに共通することですが、顔を上げてボールを見ずに、足の感覚で出来るとより実戦的なタッチになります。

速くできるとなお良いです。

ABOUT ME
てん
サッカー歴15年以上 学生時代に後の日本代表選手と対戦経験があります 元チームメイトはヨーロッパやFリーグで活躍 コーチ経験あり