初心者向け

サッカーボールタッチ練習法【足裏タッチ】

サッカー・フットサル初心者

ボールを足で扱えるようになりたい…

そんな方にオススメのボールタッチ練習法を紹介します

記事の内容
  • 初心者でも出来るボールタッチ「足裏タッチ」を動画付きで紹介
  • やり方、コツを解説
サカラビ

サッカー歴15年以上でコーチ経験のある僕が紹介します。

今回のボールタッチ【足裏タッチ】

ボールタッチとは、足元でボールを扱う感覚をつける練習法です。

ボール一つあれば小さいスペースでも出来て、技術の上達にとても役立ちます。

「ボールタッチを初めて聞いた」「どんなメリットがあるの?」という方はこちらの記事も参考にしてみてください

足裏タッチは、初心者でも出来るボールタッチです。

やり方 【左右交互に足裏タッチ】

左右交互に足裏でタッチします

サカラビ

「指のつけ根」あたりでボールの中心をタッチしてるよ!

コツ【触る感覚でやる】

ボールに体重をかけすぎず、足裏でさわる感覚でやるとスムーズにできると思います

足裏でのタッチはボールが濡れていたりすると滑ってミスに繋がりやすいので注意です!

メリット【足裏の感覚がつく】

足の裏でボールにさわる感覚がつきます

はじめての方でも無理なく出来る『足裏タッチ』は足裏で扱う感覚に慣れる最初のタッチに最適です

足裏の特徴

360°どの方向にも転がせる

足裏でのタッチは、足の部位の中で唯一360°どの方向にも転がすことが出来ます

そのため、敵はどの方向に進むか予測がつきにくいタッチになります

細かいタッチが出来る

細かい方向転換が出来て敵の意表をつきやすく、細かいタッチが出来ます

そのため足裏を使ったボールタッチはバリエーション豊富です

試合では、敵が密集していたり、スペースが少ない局面で使うと有効です

ミスが起きやすい

足裏は繊細なタッチ感覚が必要なため、ミスが起きやすい特徴があります

スピードアップしにくい

足裏は細かいタッチがしやすい特徴があるため、大きいスペースにダイナミックにタッチしたりトップスピードでボールを扱う場面では使いにく部位になります

ABOUT ME
てん
サッカー歴15年以上 学生時代に後の日本代表選手と対戦経験があります 元チームメイトはヨーロッパやFリーグで活躍 コーチ経験あり