初心者向け

サッカーボールタッチ練習法とは?[一人でOK]

サッカー・フットサル初心者
サッカー・フットサル初心者

上手くなりたいけど、どんな練習をしたら良いかわからない…

そんな方にオススメのボールタッチ練習法を紹介します。

この記事の内容

  • そもそもボールタッチ練習法とは?
  • 「身につくこと」や「メリット・デメリット」を紹介
サカラビ
サカラビ

サッカー歴15年以上でコーチ経験のある僕が紹介します

ボールタッチとは?

ボールタッチは、”ボールを扱う技術”に焦点を当てた練習法です。

足の指〜かかとまで、色々なところでボールをさわり足元の感覚をつけることが出来ます。

基礎練習や試合前のウォーミングアップとしてやることが多いです。

基礎練習ですが、身につけた技術は試合などの実践でも活きます。

ボールタッチは簡単なものから難しいものまで多くの種類があるため、初心者から上級者まで幅広いレベルの方ができます。

ボールタッチで身につくこと

繊細なタッチ感覚

ボールタッチは足の指〜かかとまで、色々な箇所でボールを扱います

そのため、繊細な柔らかいタッチができるようになります

リズム感

ボールタッチはリズミカルなステップをとるので、自然とボールをさわるリズムが身につくと思います

このリズムは試合でも役立ち、ドリブルする時などに有効です

ボールタッチのメリット

ボールを扱うストレスが減って周りが見えるようになる

サッカーの試合でボールを持った時に素早い判断が必要になります。

ボールタッチ技術があれば、ボールを持つことにストレスを抱える必要がなくなり周りが見えるようになるため、良いプレーに繋がりやすくなります。

「ドリブル」や「トラップ」が同時に上達する

ボールタッチは、サッカーやフットサルのベースとなる技術です。

ボールタッチは、複数のプレーが同時に繋がります。特に、「ドリブル」や「トラップ」の上達に繋がりやすいです。

サッカーがより楽しくなり自信がつく

ボールタッチが上達してくると、自由にボールを扱えるようになり相手と駆け引きをする余裕が生まれます。

局面で相手の裏をかいたり、駆け引きすることはサッカーの醍醐味の一つです。

また、できるタッチが増えていくことで上達を実感でき、自信がつきます。

ボールタッチのデメリット

ボールタッチ練習法をやる目的が違うと、試合で上手くいかないことがある➡目的は練習したボールタッチをそのまま使うことではなく、ボールを持った時のストレスを減らすこと

僕は、ボールタッチ練習法の目的を「ボールを持った時のストレスを減らすこと」だと思っています。

練習したボールタッチをそのままやることを優先した場合、その場の状況に合わないプレーになる可能性があります。

ボールタッチ練習法のタッチはそのまま試合で使えるものもありますが、試合では状況に合わせてプレーをする必要があります。

ボールタッチ練習で色々なタッチができるようになった結果、

  • プレーの引き出しが増える
  • ボールを持ったまま状況判断しやすくなる
  • 状況に合わせたプレーが選択できるようになる

このような効果が生まれるものだと認識しています。

ボールだけを見るクセはNG

試合でボールを持った時は顔を上げて周りを見ることが大切です。

ボールタッチの時にボールばかり見ていると、そのクセがつく可能性があります。

始めはボールを見ながらで大丈夫ですが、慣れてきたらより良い方法で行うことをオススメします。

レベルアップする3つの方法

慣れてきたら次の3つを意識すると質が上がります。

  1. 顔を上げる
  2. 両足で
  3. 速く

顔を上げる

顔を上げて周りを見ながらできると、より実践的な場面でもスムーズにボールを扱えるようになります。

両足で

両足で同じようにボールを扱えることでプレーの幅が広がります。

速く

より速くボールタッチができると、高いレベルになり早い判断が必要な場面でも余裕をもってプレーしやすくなります。

Q & A

ボールタッチ練習法は絶対必要?➡︎絶対ではないけどオススメ!

僕の考えでは練習法に絶対必要なものはありません。

ですが、僕が選手またはコーチとして関わった小中学生チームは全てボールタッチをやっていました。

実際にボールタッチをやってきた個人の意見としても、オススメな練習法です。

練習はボールタッチだけで大丈夫?➡︎ボールタッチは大切だけど、それだけでは不十分…

ボールタッチ練習法は、“技術面に焦点を当てた個人練習”です。

技術面のうち、ドリブルやトラップの上達には繋がりやすいですが、シュートやパスといったキックには繋がりにくいです。

個人練習でキックの上達にオススメなのは「壁当て」や「リフティング」です。

また、実戦的な上達にはチーム練習などが必要になります。

サッカーで必要なこと

  • 技術(シュート・パス・ドリブル)
  • 頭脳(判断・アイディア・戦術の理解)
  • 気持ち(精神面)
  • 対人能力(かけ引き・身体の使い方)
  • 身体能力(身体の強さ・スピード)
  • コミュニケーション など

どれくらいやったら上手くなる?➡︎数分ずつでも継続が大事!

僕はボールタッチを数えきれないほどの時間やってきました。

特に中学3年間は週5回くらい、1日30分はボールタッチをしていました。

今ではボールを見なくてもある程度はイメージ通りに扱うことができます。

ボールタッチ技術は、ボールを触れば触るほど上手くなります。

しかし、初心者は特に「どうやって触ったら良いの?」とわからないと思います。

サカタッチでは色々なタッチを紹介しますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

数分でも大丈夫です。

継続すればそれだけ上達するはずです。

最後に

今回はボールタッチの紹介をしました。

他の記事では実際のボールタッチの方法について、動画を使って紹介します。

完全初心者でも大丈夫です。

読んだ方が少しでもサッカーが好きになり、より楽しくなってくれたら嬉しいです。

ABOUT ME
てん
サッカー歴15年以上 学生時代に後の日本代表選手と対戦経験があります 元チームメイトはヨーロッパやFリーグで活躍 コーチ経験あり