初級

サッカーボールタッチ練習法【初級編】

サッカー・フットサル初心者
サッカー・フットサル初心者

ボールを足で触るのに慣れたい…

そんな方に向けて記事を書きました。

記事の内容

  • 初心者でも出来るボールタッチを動画つきで紹介
  • やり方をわかりやすく解説
サカラビ
サカラビ

サッカー歴15年以上でコーチ経験のある僕が紹介します。

この記事は『経験の浅いメンバーでサッカーをした時に、ボールを扱える』ことを目標にしています。

足裏タッチBACK

初心者編で紹介した「足裏タッチ」をしながらバックします。

ボールタッチの時にどれくらいの強さでボールを引けばスムーズにバック出来るか、感覚を掴めると良いと思います。

両足インアウト

初心者編で紹介した「インアウト」は片足でやるものでしたが、こちらは両足でタッチします

アウトサイドターン

アウトサイドターンは、タッチする足のつま先を外側に向け、足首の柔軟性を利用してターンします

一発でターン出来ると実践でも効果的なターンになりやすいと思います

ちょんちょんリフティング

ボールがバウンドしたら直ぐに足先でタッチします

人差し指・中指でタッチするイメージでやっています

タッチする瞬間、足首を使ってクイっとボールを持ち上げるイメージです

指でボール捉える感覚や足首を使ってボールを上げる感覚を養えます

オコチャ

このタッチは元ナイジェリア代表、オコチャ選手がよく使っていたボールタッチなので、オコチャと呼ばれているようです

やり方

  1. 足裏で内側へボールを転がす
  2. 逆足で外側からまたぐ

引いてロール

一度足裏でボールを引いてから、ロールをします

実戦使うと、後ろにターンすると見せかけたり、後ろへパスするフリに使ったり、相手との駆け引きが出来たりします

ロール3回、左右交換

やり方

  1. ロール3回
  2. ロールをした方の足裏でタッチしながらジャンプして逆足のロール開始

足を交換する時のタッチは、単独で使うことも出来ます

左右の足の幅を使いながら前へ進むタッチとして有効に使えます

シザース

シザースは、代表的なまたぎフェイントのひとつです

フェイントでのシザースは、またいだ後に左右にかわすことが多いです

今回はポールタッチとしてのシザースなので、またぎながら前へ進む形で紹介します

ダブルタッチ

ダブルタッチは、実戦でそのまま多用できるタッチです

やり方

  1. インサイドで横にタッチ
  2. 逆足のインサイドで前へ前進

インサイドで横にタッチする時、身体も一緒に横へ移動しながらやると、よりワイドにできて実戦でも有効なタッチになります

2タッチ目で自分の進みたい方向・スピードでタッチ出来るとよりレベルの高いタッチになります

シンプルなタッチですが、ダブルタッチで相手を置き去りにするようなことも可能です

トータップ前進

初心者編の「トータップ」はその場でやるタッチを紹介しました

今回はトータップをしながら前進します

その場でのタッチに比べてより実戦に近いタッチになります

イン×3 アウト×3

インサイドで3回タッチした後、アウトサイドで3回タッチします

相手(ディフェンダー)と対面して一対一をする時など、相手との間合いを測りたい場面で使えます

自分が進むスピードに合わせてボールを転がせると、ボールを持っている時のストレスが減り、顔を上げて周りの状況を把握しやすくなります

インサイドロール

やり方

インサイド(足の内側)で転がします。

ABOUT ME
てん
サッカー歴15年以上 学生時代に後の日本代表選手と対戦経験があります 元チームメイトはヨーロッパやFリーグで活躍 コーチ経験あり